婚約指輪のデザイン

婚約指輪のデザインは、定番の一粒ダイヤのからエタニティまで様々なものがあります。ここでは、婚約指輪のデザインについて、ご説明します。

爪に持ち上げられている一粒ダイヤのデザインがソリティアです。最も定番、シンプルなものです。高い位置にダイヤモンドが位置している事で、様々な角度から光が入り、より輝いて見えます。また、シンプルである為、重ね付けもしやすく、年齢を重ねても着けていられる事から今も昔も人気の高いデザインです。次に、メレです。中央に大きめのダイヤがあり、その脇に小粒のダイヤが配置されているものです。ゴージャスで存在感のあるデザインです。華やかさを求める方にお勧めです。永遠の愛の象徴と言われ、近年多くの女性から支持されているエタニティは、同じサイズのダイヤを並べたデザインとなっています。指輪1周分ダイヤが並べられているフルエタニティと、指輪の半周分ダイヤが並べられているハーフエタニティがあります。途切れる事なく並べられている事から、永遠の愛を意味していると言われています。

婚約指輪のデザインは、他にも多種あり、近年ではオリジナルのものを制作する人も増えています。また、ライフスタイルに合わせてデザインを決める人もいます。


Comments are closed here.