婚約指輪について

婚約指輪とは、プロポーズの際、または、婚約成立した際に男性から女性に贈られる指輪の事です。ここでは、婚約指輪について、ご説明します。

婚約指輪は、古代エジプト時代から存在するもので、日本には明治時代に伝えられたと言われています。指輪の丸い形は、古代エジプト時代では月や太陽を象った完全無欠のシンボルとされ、途切れる事のない永遠の象徴とされてきました。現在では、最も硬い石であり、透明度の高い石として、永遠に壊れる事のない絆、愛を意味するダイヤモンドが多く使用されています。また、古くから魔除けとして身に付けられていたサファイヤやエメラルド、ルビーなどの誕生石を婚約指輪に使用する人も多くいます。左手の薬指に付ける理由として古代エジプトでは、左手の薬指は、心臓と直接繋がっていると考えられており、二人の心がより近くなるよう、絆が深まるように現在でもその習慣は受け継がれているのです。

一昔前は、婚約指輪の価格は給料の3か月分と言われていましたが、現在ではあまりこだわる人はいません。あるブライダル雑誌の調査では、婚約指輪の平均購入価格は35万円程となっており、現在の男性の平均月収が約43万円である事から、この調査では実際、1か月分以下という人が大多数です。ちなみに、婚約指輪販売を行っている≪ガラ おかちまち≫では、約13万円の婚約指輪もご用意しています。こちらも参考にしてみてください。


Comments are closed here.